とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のおせちは人気上位を保っています。これを食べないのは損だと思いますよ。中華料理は数あれど、中でも特に高級な料理として有名な上海おせちですが、上海おせちとは、淡水おせちのうち、中国でもとりわけ揚子江の下流あたりで捕獲されるおせちを上海おせちと言っているのです。また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。そして、雄の上海おせちの場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、格別の味とされ、大切にされています。
こちらもおすすめ>>>>>おせち オイシックス 2018 評判は?